大会成績

第7回麻雀トライアスロン大会

2018年09月23日

開催日 2018年9月23日(日)
場所  ゴースタアネックス  五反田店
 
第7回目となる本大会は9月23日(日)東京五反田の麻雀荘「ゴースタアネックス五反田店」にて日本麻雀連盟主催・NEC支部主管で行われました。
現在日本にある競技麻雀の3大ルール(アルシーアル・リーチ・国際)をすべて行うこの大会は、ルールの違いもさることながら攻守の打ち方が違う為、大変にタフな大会です。
色々な麻雀愛好家から興味を持たれており、今回は連盟会員以外に健康麻将協会・品川、東京の麻雀荘「ガラパゴス」・「朝日塾」のメンバー9名が参加し昨年同様総勢32名(8卓)にて競技が行われました。
熱戦の結果、大堀龍一さん(ガラパゴス)が見事に総合優勝を果たされました。
種目別では「アルシーアル麻雀」は窪田秀章さん(朝日塾)、「リーチ麻雀」は大堀龍一さん(ガラパゴス)、「国際麻雀」は田中洋さん(ガラパゴス)が優勝されました。
                                                     
(総合成績)
順位
氏名
所属
順位点
得点
優勝
大堀龍一
ガラパゴス
18P
726
2位
深澤昇七段
NEC
17P
1339
3位
古賀大地
朝日塾
17P
606
4位
窪田秀章
朝日塾
15P
2141
5位
佐藤勝重七段
NEC
15P
1270
6位
木下由紀子初段
桜新町
15P
941
7位
平野賢一郎八段
NEC
14P
816
                                
(アルシーアル成績)
順位
氏名
所属
順位点
得点
優勝
窪田秀章
朝日塾
8P
518
2位
平野賢一郎八段
NEC
8P
454
3位
深澤昇七段
NEC
6P
380
 
(リーチ成績)
順位
氏名
所属
順位点
得点
優勝
大堀龍一
ガラパゴス
8P
510
2位
西本隆幸四段
千葉南
8P
221
3位
谷澤理一
ガラパゴス
6P
278

(国際成績)
順位
氏名
所属
順位点
得点
優勝
田中洋
ガラパゴス
8P
666
2位
深澤昇七段
NEC
8P
318
3位
窪田秀章
朝日塾
6P
700



麻雀トライアスロン大会総合優勝・リーチ優勝
  大堀龍一(ガラパゴス)



アルシーアル優勝
  窪田秀章 (朝日塾)



国際優勝  
  田中洋 (ガラパゴス)
 
<競技ルール> 
1.各1荘戦55分(打ちかけ終了・・その回まで行う)
  アルシーアル(1・4回戦)
  リーチ  (2・5回戦)
  国際   (3・6回戦)
2.それぞれの回ごとに順位ポイント(1位4P・2位2P・3位1P・4位0P)を付ける。
3.総合は6回の合計ポイントにより競う。
 (同ポイントの時は6回の勝率上位が上とし、次に合計得点上位が上とする)
4.種目別は各2回の合計ポイントで競う。
 (同ポイントの時は得点上位が上としそれも同じ時は引き分けとする)
5.それぞれの詳細ルールについては「日本麻雀連盟」の採用ルールに基づく。