麻雀のお話

連載「これが麻雀だ」(第三回)

2018年01月19日

昭和41年6月に発行された本「これが麻雀だ」から興味を引く箇所を抜粋して掲載する。

著者三名  (昭和41年当時)
日本麻雀連盟理事長八段 手塚 晴雄
日本麻雀連盟参与八段 陽  星明
日本麻雀連盟顧問八段 黄  雀風


チーする時期

聴牌への速度からいって、チーする時期は、大体一しゃん聴ぐらいが適当と思います。

もちろん二しゃん聴からでも差しつかえはありませんが、できるだけ一しゃん聴までおくらせ、我慢することです。

 

また配牌を見て、混一色・清一色・全帯么などに方針を決めたときの、ペンチャンなどはよく四しゃん聴でもチーすることがあります。

こんなときでも、思いきって我慢する方がさきざきどんな自摸で手牌がいっぺんに好転しないともかぎらないし、他家に自分のツオ牌(役づくり)を知られない点でも、よいのではないでしょうか。

 

巡のほうからいえば、五巡ぐらいまではチーはさけます。

七・八巡からの聴牌期で、チーをしないとおくれるというのでしたら、チーしても差しつかえありません。

それも聴牌への速度と関連がありますから、一しゃん聴以外は我慢が賢明。

それで聴牌がおくれるのなら、これまた気ながにいき、場合によっては聴牌をあきらめる必要もあります。

 

毎回和れるものではない、という中国の鉄則にかわりはないのです。

この中国の鉄則は、“副々求和敗可立見(フーフーチューホー  パイコーリーチェン)”といいます。

 

チーする手牌の状況

 

1 一般的に 

和了できる見込みがなければ、チーするのは考えものです。

チーをすれば、それだけ自摸によってもたらされる数々の利点がなくなりそのうえ自分の手を詰めてしまうからです。

 

だから和了の見込みがあって、ぐずぐずしていたのでは聴牌におくれるときとか、これをチーすれば自分の手はいっぺんに明るくなり、あとは出やすい三面聴で、和り牌を待つだけだ、というときには、チーしてもよいでしょう。

 

2 カン張のとき

たとえば、カン三万をチーすれ、二五八筒の待ちとなり、和れば三二〇点の断么平和だというような場合などです。

 

これも三、四巡目でそんな恵まれた手になったとしたら、これまた見のがして、たとえその結果、あとで自摸ったのが二筒の方で、結局はカン三万の待ちになったとしても、こんな早い時期にチーして手をさらすことはありません。

 

3 ペン張のとき

また自分の手のうちが、三しゃん聴で、早い時期にペン七万が上家から出たとしても、一応見のがして自摸にたよった方がよいのはもちろんです。

 

4 両門のとき

さらに二つの両門の面子があるとして、一方の両門をチーすれば、聴牌は他の両門というとき。

巡が八巡だとすれば、聴牌最盛期なので、おくれないためにチーして、聴牌に持ち込むのもやむを得ません。

一応自摸でもっていくようにし、あとでこの両門で和れるようにするのが我慢のしどころです。

 

そのために聴牌が他家よりおくれることがあっても、この我慢ができるような時は、大体その日の心の落ち着き方は申し分ないといってよく、きっと勝てると思って間違いないでしょう。

 

たとえば、この両門の面子が二三万であって、ほかの部分は全部断么のようなとき、上家から一万が出たとしてもチーはしないのです。

この一万が四万の方も入れて、最後の牌というときに、初めてチーするぐらいのゆとりをもっていたいものです。

 

チーに適当な役

 

だいたい断么か、断么平和へ目標をおくのがよく、そうでないものは、よほどの手でないかぎりチーしないことです。

 

たとえば、九八八七六万とあって、七万をチーするときは、副露牌は八七六万とし、手のうちには九八七万と残し、自摸いかんによって、六万と九万と、取りかえられる余地を残しておくようにします。

 

上家の自摸順をとるためのチー 

 

自分の自摸は順調でなく、たまたま上家は好調に必要牌を自摸し、さかんに牌の入れかえをしているとします。

こんなとき何か一つチーすると、あと上家の好自摸が下家に流れてくるから、思いきってチーすることもある、といわれています。

こんなときでも、そんな細かい芸当はしないのがよくはないでしょうか。

 

たとえチーしないために、聴牌にならず、和了できなくとも、私は私なりにかまわないんだという方針です。

チーすることによって自分の手を相手に知らせることと、手を詰めることを恐れるからです。

 

上家の自摸が順調であるかどうか、疑いの眼をむければ、いくらでも疑えることですし、実際は手の入れかえだけで、手は一向に進行していないこともあるでしょう。

 

また、進行していたとしても、いつその自摸が逆調にならないとも限らず、逆調になったとき、かえってその悪い自摸が自分の方へきてしまうかもしれないのです。

一人相撲というか、小細工はやらないことにしているのです。

 

三副露はさける

 

三副露といわず、二副露もなるべくさけた方がよいのです。

せいぜい一副露ですませ、しかもおそい巡の聴牌というときまで、我慢したほうがいいと思います。

 

副露すればするほど、自分の手をせばめて、自摸の公益を放棄することになります。

一方、他家からは自分の手を見すかされ、手のうちを捨牌とその副露牌から、思う存分推測されるわけです。

小さな利益のために、大きな権益を捨てるようなものです。

 

たとえば、一副露していて五万が浮屍牌として二枚出ており、さらに自分が四五六万とチーしたとすれば、五万は三枚の壁となります。

残る一枚を手中にしている他家は、それこそ五万を中心に、ワンチャンスの危険もなく、副露牌四五六万を見たとたんに、戦局を有利に進める作戦に出られます。

 

ですから、二副露などすべきでなく、むしろ最初の一副露自身も早かったのではないか、と反省すべきです。

 

北家のチー

 

北家に座った時は、親に連荘させないことはもちろん、チーもさせないぐらいの用心が必要です。

ポンなどはもってのほか、ポンしないためにあとで困ったら、その対子を逆に切って捨ててもよいのです。

 

そのくらいですから、親の上にいてチーすることは、それだけ親に有利な自摸というものを与えるばかりでなく、自分自身も手を詰める結果となり、あげくのはては好牌を下の親におろさなければならない破目になるものです。

 

北家としては、ふだんよりも、いっそう門前清で戦局を進めなくてはなりません。

また下家が親でなくとも、大役の気配のあるときは大体同様に、チーなど避けるべきです。

 

南家のチー 

 

南家としては親をおとすため門前清をギセイにしても、チーするかもしれません。

しかしこれもほどほどにしないと、親にこちらの手のうちを見すかされ、かえって親に有利な戦局を進められるおそれがあります。

やはり一副露、一しゃん聴ぐらいの気持ちで、チーするのがよいでしょう。

 

大役の気配のある人の下家にいる場合も同じです。

このときの方が、同じ傾向の不要牌が、つづいて出る可能性が多いのです。

これまたみだりにチーしないで、戦局全体に眼を向け、これぞと思うときにチーするだけで、自分の安い手と大役と勝負することのないよう、気をつけるべきです。

 

三四万・六七万と面子のあるとき

 

こんなときは、二・五・八万と出やすい筋ではあるが、二度欲しいわけです。

そして五万が三枚、二万が三枚すでに出ていて、二しゃん聴だとします。最後の二万が出たので、チーするわけですが、これとても、必ずしもチーしないで、二しゃん聴ならむしろ、いくらでも手牌の変化ができるのです。

 

自摸れなかったら、三四万の面子をこわし、他の面子に切換えることを考えてもよいくらいです。

 

カムフラージュのチー

 

配牌がすごく悪い手で、ただ漫然と自摸っているとその捨牌から、たいした手ではないと見くびられるところから、それを心配し、全く聴牌などできそうもないのに、チーする人があります。

 

このような人は、それなりに信念をもって、実行し、相手を眩惑し、自分は最後まで手をバラバラにしているようです。

そして、うまいことに自分は放銃せず、他家同志を戦わせて局面を収拾しているのです。

 

もちろんその功罪はいちがいにいえないのですが、私はこういう作戦をあまりとりません。

やはり門前清を守る方が得策とします。

いつもいうことですが、悪い手でも、自摸いかんによっては、見違えるような手にもなるのです。

チー・ポンして手をさらし、また手を詰め、和りを放棄してまで、一人相撲をとるのはどうかと思います。

 

他家同志打ち合い、チー・ポンを応酬させても、自分の悪い手は公開したくありません。

しかし、たとえかくしてもけい眼の人が見れば、そのくらいのトリックは見ぬかれてしまうものです。

 

とにかく、チー・ポンせず、門前清のかくれみのに入り、頃あいをみて、下家に好牌をおろしてチーさせ聴牌を早め、下家と他家と勝負してもらうようにします。

もちろん下家の手の大きさを念頭において・・・。

 

二五八はチーしない

 

一・九牌は、そのさきに〇も十もないので、行きどまりになっています。

そのため一・九牌は面子を作るチャンスが少なく、不要牌として、聴牌期前に大部分が捨てられてしまいます。

 

その点、二・八牌はそれほど早めには捨てられません。

三・七牌、四・六牌は面子完成に大事な牌として、出にくいので、二・八牌は聴牌期にちょうど出てくるものです。

 

ですから、上家から二五八の筋牌がおりてきても、チーせずにおき、他の面子の方を自摸で完成させ、聴牌は二五八牌という方が、和りやすいと思われます。

 

清一色とチー

 

連盟麻雀での清一色は、その飜からいって、インフレルールの七飜ぐらいに相当するものです。

チャンス至らば一路これに進むのも連盟麻雀の醍醐味であります。

 

配牌七・八枚から、清一色計画に進むのですが、なんといっても同種牌の数の不足から、面子が必要な五組そろうことは稀です。

チーはひかえて、門前清でいって面子をふやすことが最上の方策と思われます。

 

たとえ、早期にペン張などが出てきても、チーを見送り、その面子の完成はあとまわしにしても、必要な面子の数だけこしらえるようにすべきです。

 

自摸にたよっていれば、自摸いかんによっては、ペン張・カン張思いのままくることもあります。

最後の聴牌がペン張になっても、和れるときは案外和れるものです。

 

一しゃん聴ごろで、ペン張が出たのなら、一応チーして聴牌へ持ち込むのもよいでしょう。

清一色は警戒されないよう、せいぜい一副露ぐらいにとどめ、自摸に専念しなければ、できるものではありません。

 

よく三副露してまで、清一色を狙う人があります。

おそらく驚かしながら、敵を降ろさせ、あとから聴牌というのでしょうが、放銃の危険性もあるので、とるべき策ではないでしょう。