マナー・エチケット

 

 

<基本理念>

 
1.礼に始まり礼で終るを主眼とし、礼儀を重んじる。
 
2.正々堂々、フェアプレイに競技することを旨とする。
 
3.競技の進行を迅速かつ円滑に行えるよう心掛ける。
 
4.競技者が共に気持ち良く競技できるよう心掛ける。 
      従って
      ①競技者が不快になる行為は禁じる。
      ②マナーを注意する者もされる者もその点を配慮すること。
 

<具体的遵守事項>  

 
1.競技を始める前に挨拶をすること。
 
2.自分の前の壁牌は、他家が取り易いよう心を配ること。  
    (推牌の励行)   
     ①自分の前の壁牌は、自動卓の場合、セットされたら先ず前に出すこと。
   (15度位、右肩上に傾けるのが望ましい。)   
     ②壁牌に段差をつけないこと。
  (牌の落下防止)   
     ③自分の前の壁牌が半分以下になったら中央に移動すること。
 
3.自分の前の壁牌が開門にあたった時は、嶺上牌を降ろすこと。
 
4.自分の壁牌が出目数のとき、状況により親が取り易いよう分けること。
 
5.サイコロの目数を発声し、確認し合うことは良しとする。
 
6. 他家の捨牌・壁牌を触らないこと。
   (反面、自分の捨牌、壁牌は責任を持つこと。)
 
7.競技中は、原則として両手を使わないこと。 
  但し、配牌整理時、壁牌の移動時は可とする。
 
8.両手を卓に置かないこと。
 
9.手中に他の牌を握りながら取捨をしないこと。
 
10.先自摸は、絶対にしないこと。
 
11.自摸牌は右端に置き、捨牌後手中に組み込むこと。
 
12.打牌を卓にたたきつけたり、無作法に放りださないこと。
 
13.親の第一捨牌は、北家の配牌後に行うこと。
 
14.手牌が少なくなっても牌を伏せないこと。
 
15.チー・ポン・カン・ロンは明確に呼称してから動作に入ること。
   次に組合せ牌を明示してから打牌し、下家の取牌後、鳴いた牌を取り、
   副落牌に打牌者が分かるように加える。
 
16.他家のチーを見かけての遅ればせ2秒以上のポン・カンは遠慮すること。
   従って、チーは2秒、間をおいて発声することが望ましい。
 
17.捨牌は速やかに、他家に見えるようにすること。
   (捨牌に手をかぶせておくり込む等はしないこと。)
 
18.河中の捨牌は、常に整頓して左側より6枚揃えて並べること。
 
19.自摸して打牌に要する時間は努めて速やかにすること。
   (3秒以内が望ましい。)
   特にチー・ポンの後の捨牌はスピーディーに行う。
 
20.競技中、牌をパチパチと鳴らしたり、牌を手中で遊ばないこと。
 
21.上家の打牌の都度チーのモーションをかけたりし、故意に自摸を遅らせ
   時間稼ぎをしてはならない。
 
22.関係のない牌に対しチーのモーションをして、当たり牌を惑わすような
   三味線行為をしてはならない。
 
23. 負けがこんだり、放銃して不貞腐れた態度を取らぬこと。
 
24.支払う点棒を放り出さないこと。
   (点棒は静かに置く。)
 
25.点棒は、あちこちから借りぬこと。
   (借点は、なるべく一人から借りる。)
 
26.自分の打牌の種類を呼称してはならない。
 
27.暗槓が成立した時は、その牌種を明示(4枚を表に)してから
   嶺上牌を 自摸り 捨牌後、暗槓の状態(2枚を裏返し)とする。
 
28.自摸和の牌を卓に叩きつけぬこと。
   (静かに置き、倒牌する。)
 
29.競技中の私語は慎むこと。
   (鼻歌、口笛等は厳禁!)
 
30.局が終るたびに手牌をさらしたり、解説をしないこと。
 
31.和了者は和了点を申告し、他家は確認にとどめることを原則とする。
   但し、分からない人がいるときには助言すること。
   また、間違えているとき、他の人が気が付いたら訂正すること。
 
32.和了牌を手牌の中に取り込まぬこと。
 
33.余分な言葉は慎むこと。場合によっては罰則となる。
 
34.競技終了後は、点棒を揃え、挨拶を交わし席を離れること。
 

 <手積みの時の追加事項>

 
35.サイコロは、自分の壁牌に当て、2個同時に河中に振ること。
 
36.親は、下家の自摸後、速やかにサイコロを自分の右側に取り込むこと。
 
37.壁牌は、17幢を過不足ないように気をつけて並べること。
 
38.洗牌は、充分に行うこと。牌を裏返してから牌の側面を押して混ぜ、
   牌が裏返らないよう心掛けること。
 
39.洗牌の際、表向きになった牌を手許に積まないこと。