大会成績

2018年度全国牌王戦成績

2019年02月02日

2018年度全国牌王戦成績

牌王  小関 武三郎 7段(戸塚)

準牌王 大川 由春  2段(長岡)

 

2019年1月12日(土)13日(日)の2日間、「新雀荘」(新橋)にて2018年度全国牌王戦が開催されました。

今年は全国から13支部16名が参加し10荘戦2回総当たり方式にて行われました。

1日目から小関七段と大川二段の接戦となり、2日目は更に白熱した戦いとなりました。

その結果、小関 武三郎7段(戸塚)が6回トップで順位点一位となり、チョーマ点でも一位で見事に完全優勝を果たされ全国牌王の栄冠に輝きました。

終始競い合った大川 由春2段(長岡)が準牌王となりました。

 

(左)準牌王:大川 由春 二段(長岡)(右)牌王:小関武三郎 七段(戸塚)

 

2018年度全国牌王戦選手の皆様

 

(成績)

順位
氏   名

段位

支部名
チョーマ点
順位点
総合
百点
ポイント
点数
ポイント
ポイント
優勝
小関 武三郎
戸塚
71.1
1
46
1
2
2
大川 由春
長岡
54.6
2
36
3
5
3
野水 基
新潟
29.3
4
40
2
6
4
百武 攻
NEC
43.3
3
34
6
9
5
井尾 正夫
岐阜
27.3
5
35
4
9
6
加藤 孝敬
NEC
3.2
7
35
5
12
7
伊藤 伸二
横須賀
-2.3
8
30
7
15
8
芳賀 基
横浜
8.1
6
26
11
17
9
中村 昌悳
金沢
-9.4
9
30
8
17
10
宮内 隆弘
東京
-14.6
10
30
9
19
11
田辺 俊英
 
名古屋
-16.1
11
28
10
21
12
越後 伸造
宮城
-22.4
12
25
12
24
13
渡辺 宝
乗鞍
-32.7
13
22
14
27
14
高橋 大勝
庄内
-42.3
15
25
13
28
15
谷口 豊治
東京
-39.3
14
18
16
30
16
小島 成郎
東京
-57.8
16
20
15
31